Text Size : A A A
Img20100514112523
Img1b20100514112523
今回のゴールデンウィーク、
仕事の関係で初めての北海道を体験しました。

しかも「知床」。。。。

北海道に行くのが初めてで、しかも最初が「知床」なんて渋いね!とよく言われましたが、
自然大好きな私としてはむしろ、ラッキーとしか言い様のない事。

私のフォトスキルでは
とてもあの広々とした景色は写真の中には収められずにおりましたが
少しでも皆様に雄大な自然を味わっていただければと思います。

今度は絶対プライベートで行きたいなぁと心から思いました。

街のはずれにひっそり佇む朽ちかけた小屋とか
道路の脇に見える白樺の林とか

何気ない光景でも、全てが絵になりそうで
今度はスケッチブック持って、
まっすぐな道をのんびりと運転し
気になるところでちょこちょこ止まったりしながら
知床のはしっこまで味わってみたいですね。

知床にてお世話になった皆様、
どうも有難う御座いました。
また是非遊びに行きます!
Img_1d700297e52eab23c09ae8e3addf704c010896a8
Img_a54b5ceda6f6c68a89b3dd02a3752d735735954f
先日、妹が入籍をしました。

小さいときから一緒だった妹の籍が変わるというのは
なんとも不思議な気がしますが、素敵な家庭を築いてほしいです。

数か月前より、こっそり塗りを重ねていた2つのお椀。
毎日の食卓が少し楽しくなるように。。。と願いをこめて作りました。

底にはそれぞれ、妹と旦那さまの名前をいれて。

入籍前夜に2人の元に届いたようで、喜びの言葉と「早速つかったよ!」との声。


入籍後は、こちらで作らせて頂いた結婚指輪をつけて新生活をスタートさせたそうです。
毎日身につけるものだから、
少しでも付け心地がいいものをと思い、製造方法から考慮したリング。
指にはめた瞬間、その意味がわかってもらえたようで、
こちらとしてもとても嬉しく思いました。

私もこの様な形で2人の幸せに参加することができて
とてもうれしい。

末永く、お幸せに。
Img_e0d98eb6cf768faa77a1c0ab3c3b9263a69831e3
かなり前に骨董市に行ったときに一目惚れし、買ってしまった「ポジャギ」。
韓国のパッチワークのような伝統刺繍だそうです。

その時みた「ポジャギ」は、私がそれまで思っていた韓国の布モノのイメージとは違い
白い布のみを使ったポジャギでした。素材は麻や綿、シルクをつかったものまで色々。

町の人が大事に大事に使ってきたのでしょう。
ひとつひとつの布が丁寧に手縫いで付けられていて、
まるで日本の農家の人がボロ布を大事に繋ぎ合せながら、
ひとつの風呂敷を作るようなイメージでした。
こういう手仕事の布モノに弱いんですよね。。。本当に。


そんなこんなで、いつかこんな古い「ポジャギ」を沢山見てみたいなぁと思っていたのです。
そしてその機会が訪れるかもしれません。。。。


地元の友人が来年の頭に結婚することになり、なんとお相手は韓国のお方!
韓国の郊外で式をあげるそうなので、早速参加させて頂くことに。

実は一度も行ったことのない韓国。
近いからいつでも行ける、そう思っていたらすっかり機会を失ってしまったのですね。
なので友人の結婚は、「いつでもいけるし、でもいついこう」と思っていた私の背中を
ドゴーンと押してくれたのでした。

ポジャギ、、、見れるかなぁ。
あとは磁器もみたいし、和紙もみたいし。。。。

こうなっては、欲がどんどん湧いてしまいいけません。
頑張ってこつこつ貯金しないと。

月日工藝
つきひこうげい
Img_288be7ade5de648290e204c186c77b483df03d24
朝、仕事場に到着すると用意するのがこのセット。

私にとってコーヒーは仕事に入る際のスイッチとなります。
コーヒーに特別詳しい訳でも、ものすごくこだわるタイプでもないのだけど
欠かせない飲み物。

そしてこのカップは、以前私が働いていたギャラリーで開かれた
笠間の「石松信彦」さんの個展で購入したもの。

「毎朝のコーヒーに絶対あう!」と購入し、
それからかなりヘビーユースしておりましたら
流しの蛇口にぶつけて割ってしまったのです。。。

それから金継ぎして、やっとまたスイッチタイムに返り咲きしてくれました。
このカップをまた使えるようになって、本当に嬉しい。


そしてスプーンの下のものは・・・・
「ロータスのカラメルビスケット」
コーヒーとこの子の組み合わせは絶妙です。

さて、今日も頑張ります~!

月日工藝
つきひこうげい




Img_f3281a5b47a4a5f847ede27dd7614942a438700b
工房の小さな小さな庭。
特別手入れしているわけでは無いけれど、色々な植物が植わっています。

今日は久々の青空。
紅葉の赤が映えてとてもきれい。。。

はて、こんな季節でも紅葉は赤く色づくのですね、
新発見。


月日工藝
つきひこうげい
Img_97614b7539d9383f4734137f186fd12cdc26f996
鍵かけの後ろの柱

よく見ると子供の字で何か書いてある


「が ら す お わ ら な い で く だ さ い」



あ~、「ガラスを割らないで下さい」か。

誰が書いたのかなぁ。


割らない様に、気をつけます。


毎月 東京の豊島区雑司ヶ谷 「鬼子母神」と「大鳥神社」で開催されている 「手創り市」

6/20(sun)に月日工藝も「大鳥神社」にて参加がきまりました。
(参加者名簿には、「月日工芸」となっております。)



「普段会えないような方々と出会える場を増やせたらいいなぁ」
漠然とそう考えておりまして、16日に 「手創り市」 へ行ってみました。

まず行ってみたは「鬼子母神」。ものすごい人の数にびっくり!
また出店数が予想以上でまたびっくり。
布モノ扱う方、木工、皮、食品まで。
まさに市場!

そしてその後、すぐ近くの「大鳥神社」へ。

またここは少し穏やかな時間が流れ
ワークショップなんかも開かれていて
「鬼子母神」とは違う熱を感じました。

ひょこひょこお店を覗いていたら、
偶然にも知り合いの yuta さんが出店されていて
そこからすっかりと話し込んでしまいました。

yuta さんは青梅でアクセサリーの制作をされていて
自宅の一部をショップとしても開放されています。

シンプルな中にも男性的なシャープさが織り込まれているデザインで
シルバーを使ったアクセサリーや、真鍮を扱ったカトラリーなどを作られております。
HPからも購入できるそう。

yuta さんと、とっても素敵なパートナーのmikaさんとの久々の再会に
大喜びの私。益々やる気になってしまった次第です。。。


さて月日工藝は初めての、青空のもとでの出店。
今から頑張って制作せねば!

詳細はまた後日お知らせ致します。


月日工藝




Img_2783929fd305bf8896579ccd1cfa6c0c45995d3f
昔から、白熱灯が大好きな変な子供でした。

大人になってからも、電球への愛情は変わらず
仕事場はほぼ白熱灯。ちょっと暗いときもあるんですけどね。。。

あの家の窓からもれるあたたかい明りがとっても好きなのです。


そんな私に最大のピンチ。


あらゆるメーカーが白熱灯の生産を終了し、LEDに切り替えているなんて!
LEDか、確かにエコロジー。
でもLEDだと上部は金属になってるから、天井まで明るくならないのでは。。。
あの部屋全体がぼわっとした感じ、もう味わえないのか。
謎は深まるばかり。

今の電球と同じ形状で
LED作ってくれないかな。。。



月日工芸



たまに

いつも行かないところに行ってみる

行ってみたくなる


海沿いの道を運転しながら

まだ見ぬ世界に会いに行く


昨日気づいたのは

自分の「好き」の再確認


とっても刺激的な時間を過ごせた

表現するって楽しいこと


月日工藝